kaggleを全力でやります

kaggle masterを目指してやったことを、記録します

KaggleコンペのディスカッションをSubscribeする場合に届くメールを処理する私の方法

前回書いた記事、Kaggleコンペのディスカッションを追う方法 で、Kaggleコンペのディスカッションに書き込みがあった場合に、メールが届くようにする方法を書きました。 開催中のコンペには、毎日たくさんの書き込みがあるため、そのメールをどのように確認…

Kaggleコンペのディスカッションを追う方法

Kaggleで、上位を取るためには、「カーネル」と「ディスカッション」で議論されていることを、 把握しておく必要があります。 この記事では、kaggleで「ディスカッション」に書き込みがあった場合に、メールを届くようにする方法を紹介します。 メールを届く…

iCloudのPagesブラウザだけで、本を書くことができるか試してみた。

同人誌書くのに、iCloud版のPages使い始めたけど、かなり使いやすいです。簡易な本を書くのであれば、十分だと思う。Apple IDを使用して、他の人との共同制作もできるし。Googleドキュメントも良かったけど、フォントの問題や、pdfをどうやって作るかという…

技術書典5で初執筆しようか迷っている人のための記事まとめ

次のように技術書典5の日程が発表されました。 技術書典4の盛り上がりはすごかったし、執筆側で初参加したいというかたも多いと思うので、参考になると思う記事などをまとめておきます。 私が書いた記事が中心というかほとんどです。 他におすすめがあるよ…

KeynoteがLaTeXでの数式入力に対応して、スライド作りの効率が大幅に良くなった。

Keynoteが2018年6月15日のアップデートにより、LaTeXで数式の入力可能になりました。 これまでは、Pagesを使ったり、LaTeXiTを使ったりしていたのですが、 このアップデートにより、Keynoteだけで数式入力をふくめ完結するようになりました。 微修正や、コピ…

iPad Proに少額の追加投資をしたら、さらに最高の使い勝手になった

iPadはpdfの書類を読むのに最高に便利ですよね。 会うたびに友人にオススメしていたら、友人がiPadを購入しました。 すると、アプリやアクセサリを購入して、すぐに私よりも使いこなしていたので、私もiPadProのアプリを買ったりアクセサリを購入しました。 …

鹿児島市・霧島旅行記

ずっと、楽しみにしていたKaggle Tokyo Meetup #4 - connpassが、霧島での親戚の結婚式と被ってしまい、参加できませんでした。 どうしても外せない予定が2つ重なってしまうとつらいっすね。 というわけで、鹿児島・霧島旅行の写真をはりつけておきます。 1…

出版における死の谷の考え方が新しかったので、記録します。

マッハ新書の界隈で、色々な論点が発生していて、面白いです。 まだまだ新しい分野なので、新しいやり方を模索したりするのがとても面白い。 その関連で、出版の死の谷というぼんやりとイメージはあったけど、あまり意識したことのないフレームワークがあっ…

技術書典4のkaggle本関連エントリーのまとめ

データリファインメントでは、技術書典4で「kaggleのチュートリアル」を頒布しました。 技術書典4について書きたいことはだいたい書いたので、一旦まとめておいて、さらに書きたいことがあったらここに追記します。 色々なことをはてなブログとnote.muとtw…

技術書典サークル初参加しました。使った物と使わなかったものをまとめます。

4/22の技術書典4でサークル初参加してきました。 次回以降初参加する方のために、使ったか使わなかったかという切り口でまとめてみます。 なお、次の本(の商業化する前の本)に記載がある「当日までに必須アイテムをそろえておくという箇所」を見ながら準備…

「10年後の仕事図鑑」を読んでの感想

10年後の仕事図鑑作者: 堀江貴文,落合陽一出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 2018/04/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 堀江貴文さんと落合洋一さんの、「10年後の仕事図鑑」を読みました。 #10年後の仕事図鑑 読了しました!堀江さ…

自分の商品の熱烈なファンは、最初、自分しか居ない!(サウザーラジオより)

voicy.jp サウザーさんのvoicyが、ブログを書く人は必聴!というくらい面白かったので感想を記載します。 ラジオの概要 ラジオのエッセンスとしては、 どうしてブログが続かないかは、金儲け目当てだから。 自分のコンテンツ(ブログ)のファンは最初は自分し…

技術書典4で良い本を作りあげ、たくさん売るために心がけた10のこと

この記事は、noteで公開した記事を修正して公開しています。 10の仮説 1. コンテンツ 2. 書きながら価値を提供する 3. 想定読者と一緒にコンテンツの一部を作り上げる 4. 被チェック数を気にしすぎない 5. twitterを最強の宣伝ツールとして使う 6. 書評をお…

技術書を書くときに背中を押してくれた結城先生のツイート

技術書典4に申し込んだけれどもまだキャンセル可能だという時期に、 自分の中の ・自分みたいな素人が技術書書いたってバカにされるだけだという勢力と、 ・技術書典で販売側に立ちたい&もし良いものができなくても今後成長すればいいでしょうって勢力 が闘…

先着200冊限定で1,000円で頒布します!【技術書典4,kaggle本】

技術書典4のデータリファイメントで販売するものは、以下の通りです。 kaggle本 本来価格1,500円のところ、先着200冊限定で1000円で頒布! 200冊の頒布が終わった後は、本来価格1,500円での頒布となります。 kaggle本のpdf版 note.mu pdf版については、上記…

4/22技術書典新刊のkaggle本の書評をいただきました。

経緯 twitterで4/22技術書典新刊のkaggleのチュートリアルについて、書評を募集したところ、AF-BS-PM@関東さんより書評をいただけることになり、読んでいただきました。 以下が募集のtwitterといただいた書評です。 【募集】4/22の技術書典で販売するkaggle…

4/22技術書典Kaggle本 タイタニックチュートリアルのコンペページ翻訳を公開します。(その2)

4/22技術書典Kaggle本 タイタニックチュートリアルのコンペページ翻訳を公開します。(その1)の続きであり、これで第2章の内容がほぼ全てです。 その1では、単純にタイタニックチュートリアルのページを翻訳しましたが、今回は翻訳のうちでわかりにく部分…

技術書典4のアルケミストブック(仮想通貨重点号)の先行レビュー

技術書典4で頒布される、アルケミストブックを読んだので、先行レビューをさせていただきます! 私も少しだけアルケミストブックに記事を書いているので、PR記事です。 レビュー 仮想通貨関連のところを、勝手にレビューします。 クソ通貨CROSSREVIEW 冒頭…

4/22技術書典Kaggle本 タイタニックチュートリアルのコンペページ翻訳を公開します。(その1)

4/22の技術書典で販売するKaggle本の一部を公開します。今回は、タイタニックコンペのページの翻訳です。Kaggle本では今回翻訳したもの(単純に翻訳したもの)だけではわかりにくいところを解説しており、その部分についてはその2で公開します。 本の詳細につ…

Kaggleのカーネル環境でGPUが使えるとのこと

Kaggleのカーネル(script,Notebook)でGPU使えるようになっていたんだ!知らなかった。ギリで技術書典のkaggle本に反映したw>Add a NVIDIA Tesla K80 to your Kernel. GPU availability is limited: in busy times, you might be placed in a queue. GPU envi…

技術書典4でKaggleの本を書いた理由

www.currypurin.com 4/22の技術書典のKaggle本の前書きを書いていたんだけど、全然うまいこと書けなくて、でもtwitterなら何故かかけるので連続ツイートしてしまいました。これをベースに書けば良い前書きになるのではないかと。 補足すると、機械学習の勉強…

ブログの画像を変更して、固定ツイートに表示される画像を変更する方法

固定ツイートは変更したくないけど、 その固定ツイートの画像は差し替えたいという いう場合に使える方法です。 具体的には、例えば私の2018年3 月28日時点の固定ツイートは次のツイートですが、 画像が古くなってしまったので2つ目の画像に差し替えたいよ…

技術書やnoteとして、エンジニアが情報を売ることの可能性をすごく感じる

タイトルの通りなんですが、すごく可能性があるよう感じるので、自分も積極的にやっていきたいと思いました。 経緯 今日noteに技術記事を売るという社会実験して気づいたこと。noteで技術記事を売るって、社会にとって手が届かなかった情報に質の高い情報に…

GoogleColaboratoryでmatplotlibを用いる際に日本語を使う(豆腐を防ぐ)方法。

日本語を使う方法は一つ目のtweetのとおりです。 少し調べても説明している情報に出会えなかったので、メモとして記録します。 GoogleColaboratoryでmatplotlibを用いる際に日本語を使う(豆腐を防ぐ)方法。以下の3行を実行しておく。!apt-get -y install …

【募集】scikit-learnのコードチートシートをみんなで作成しましょう!

説明 技術書典でデータ分析とKaggleが初めての人のための本を出す予定です。詳細は技術書典4でKaggleと機械学習についての本を出します。を参照。 併せて、本の背表紙等にするためscikit-learnのアルゴリズムチートシート及びscikit-learnのコードチートシ…

最近心に残ったツイート

twitter見てると素晴らしいツイートに出会うことがあって、一人で影響を受けまくったりするんですよね。影響を受け続けているものを紹介します。 羽生選手に関連するツイート あの羽生選手ですら、嫌われることもあるということがわかるツイート。ハッとさせ…

GoogleColaboratoryでKaggleをやる場合に、一番簡単なデータの読み込みと書き出し方法

GoogleColaboratoryについては、前回の記事(GoogleColaboratoryを使ってみる。これが無料ってすごすぎない? - currypurin’s diary)で少しだけ書きました。 今回は、データのアップロートとダウンロードに限って方法を書きます。 Kaggleをやる際に使えそう…

kaggle-apiというKaggle公式のapiの使い方をまとめます

kaggle-apiは、kaggle公式のapiです。コンペ一覧の取得、コンペのデータの取得、サブミット、サブミット一覧の取得などが、1行のコマンドをうつことで取得可能です。この便利なkaggle-apiの使い方をまとめました。

GoogleColaboratoryを使ってみる。これが無料ってすごすぎない?

[秋葉原] Google Colaboratory で遊ぶ会 - connpassに参加して、GoogleColaboratoryをみんなでワイワイやりながら触ってきました。感想とか色々メモっておきます。 当初Pyrhon2.系だけの対応だったはずなんですが、現在はPython3.6も選択可能になっている。 …

Googleドキュメントによる執筆量自動管理システムを使ってみた

@akabuchiykさんの、次のツイートを見て、Googleドキュメントによる執筆量自動管理システムを使ってみようと思いました。設定したので、メモっておきます。 Googleドキュメントによる執筆量自動管理システムを作りました(URLが変わったので再アナウンス)。毎…